テニスのばいぶる
TOP試合・スクール>ポイントの数え方
ポイントの数え方
ポイントの呼び方

テニスでは、1ポイント、1ゲーム、1セットを基準として試合が進められます。基本的には、ポイントを4つ取ると1ゲーム取得、ゲームを6つ取ると1セット取得となります。しかし、テニスにおいては、1ポイント、2ポイント・・・というようにはカウントしません。ポイントは、以下のように数えていきます。


0 ラヴ
15 フィフティーン
30 サーティ
40 フォーティ


というようになります。
ちょっと特殊ですよね。これは、時計の1週を1ゲームに見立ててカウントしているという説が有力です。0分に始まって、時計を四等分したら15分、30分、45分(←!?)となりますよね。最後の45分の所だけがフォーティとなっているのは、フォーティーファイブだと言い辛いから短縮されたと言われています。


カウント方法

サーバー側のポイントを先に呼び、次にレシーバー側のポイントを呼びます。例えば、サーバー側のポイントが15、レシーバー側のポイントが30だったら、フィフティーンサーティとなります。これは特に問題ないかと思います。気を付けるのが両者のポイントが同じときで、このときはオールという呼び方をします。例えば、15同士ならば、フィフティーンオールとします。これもまた例外があり、40−40のときは、デュースと呼びます。

デュース以降は、リードした側にアドバンテージを付けて、アドバンテージサーバーなどと呼びます。


タイブレーク

テニスの試合でややこしいのはこのタイブレークです。かなりの上級者でも。実際にお目にかかる機会は少ないので、詳しく知らない人が多いかと思います。ポイントの数え方から勝敗決定事由まで詳しく述べていきます。


条件
両者のゲームカウントが本来取るべきスコア(6対6)になった場合に行います。よって、よほど実力の拮抗した試合でないとなかなかお目にかかることが出来ません。


ポイントの数え方
通常ゲームのような15刻みの方式ではなく、1ポイント2ポイントといったように数えます。0はラブではなくて「ゼロ」です。


12ポイントタイブレーク
現在、タイブレークと言ったらほとんどがこの12ポイントタイブレークになります。これは簡単言うと、7ポイント取ったら勝ちというものです。6−6になったら2ポイント差が付くまで延々と続けられます。


コートチェンジ
両者の取得ポイントが合計6ポイントになったらコートチェンジを行います。例えば、2−4、3−3、などの場合です。


サーバー
第1ゲームのサーバーからサーブを打ちます。この人は1度だけ打ってサービスチェンジを行います。それ以降は2日井筒打ってからのサービスチェンジになります。
[テニスのばいぶる]
inserted by FC2 system