テニスのばいぶる
TOP戦略考察>ロブは立派な武器
ロブは立派な武器
レベルのいかんにかかわらず、素人レベルではロブは強力な武器となります。

「ロブはかっこ悪いから全て打ち込んでいく」
と、ロブを悪しきものとみなす方も多いです。中級クラスのレッスンで試合形式の練習をしますと、ハードヒットの嵐となる場合が多く、ラリーが続かずに全く試合にならないことも多々あります。

ロブは立派な武器です。以下にその利点を挙げてみます。
・ 高い放物線を描くため、前衛の頭を越すことが出来る
・ 面を合わせて打つためミスが少なくなる
・ 滞空時間が長いため、センターに戻る時間を稼ぐことが出来る
・ ドロップショットと同じモーションで打てる


前衛の頭を越すロブ

前衛が前に出てきたときあなたはどうしますか?
一つにパスで抜くという選択肢がありますね。この「一つに」というのが重要です。パスはあくまで選択肢の一つです

もしそうした状況でパスのみの選択肢だったらどうなるでしょうか?

私が貴方の対戦相手でしたらネットにベタ詰めします。こうすることでパスのコースを限りなく潰すのです。貴方が1流のパスを持っていたとしても、こうされてしまっては抜ける確率が下がります。テニスは確率のスポーツですので、確率の低下はそのまま敗戦に繋がります。

では、ロブを混ぜたらどうでしょうか?

私が前衛ならば、スマッシュの準備と頭を抜かれることへの警戒心から、ネットから少し離れたところにポジションを取ります。こうなるとパスを打つ側は有利になります。なぜなら、パスを打てる角度が広がるからです。ベタ詰めされた状態に比べると大分パスが打ちやすくなります。


これは、この相手はパスとロブがあると相手の頭の中に入った所以です。
パスしかこないと分かっていれば、どんな強いパスも威力が半減してしまいます。
ロブがあってはじめてパスが活きてくるのです


ミスの少ないショット

私もテニスを始めたころは、ロブは単なる逃げの手段で下手な人が使う技術だと思っていました。今となっては恥ずかしい話です。ロブの利点としては、面を合わせて運ぶため、ミスが少なくなるということが挙げられます。特にシングルスでは絶大な効果を発揮します。
[テニスのばいぶる]
inserted by FC2 system