テニスのばいぶる
TOPボレー>ボレーの苦手な人
ボレーの苦手な人
ボレーを苦手としている人は以下の傾向があります。


体が回ってしまう

体が回ると面が不安定になります。
この不安定というのは、面が固定しづらいということを意味します。ボレーでは、速いボールに対応する為、出来るだけラケット面を打ちたい方向に向けて押し出したいのです。しかし、ここで体を回してしまうとラケット面を打ちたい方向に向け続けることが出来ません。肩が回っているため、ラケットもそれにつられて回ってしまうからです。振り出しと振り終わりでは、全く異なった方向にラケットが向いていることになります。

ストロークはこれでもいいのです。ワンバウンドして、余裕を持ってボールを捕らえる為、肩を捻って強いボールを打つことを優先します。(ストロークでも守りのロブなどは肩を固定して面を作って打ちます)

しかし、ボレーでは速いボールに対応する為に面を固定して打たなければいけないのです。


右肘が後ろすぎる

右ひじは右のわき腹の前です。

ボレーの時は少し横を向いて構えます。このときにラケットを持つ腕の肘はどこにあるでしょうか。体から離れた後方にあっては駄目です。その肘を少し前に持ってきましょう。
少し窮屈な感じがすると思います。しかし、これぐらい肘を前に持ってきますと、自然とラケットが後方へ倒れて上向きの面が作られます。これでボレーのセットは万全です。
この肘がストロークのときのように、体の後ろにあると、これまたストロークの時のようなラケットの出方になってしまいます。徐々に直していきましょう。


ボールを切りすぎ

バックボレーの苦手な方は、ヘッドが半円を描くほど回ってしまっていることがあります。どのようなことかと言いますと、構えたときにはヘッドが上を向いているのですが、打ち終わったときにはヘッドが真下に向いていることを言います。これは、手首でラケットを無理に使ってしまっている結果です。こうなってしまいますと、面が安定せずコントロールが付かなくなります。また、前への力も下に分散されてしまうため、威力の低下も招きます。

初めにラケットヘッドを上に向けてセットしたら、そのままの手首の形でボールを捕らえましょう。変に手首を使ってしまわないように注意しましょう。



右足が浮いている

右足は地面につけたままボレーをします。


前のめりになる

ボールを待ち切れず、体が前に倒れてしまう人もいます。姿勢良く打ちましょう。
[テニスのばいぶる]
inserted by FC2 system